医者ここ トップ > 宮城県 > 仙台市若林区 > 六丁目クリニック

六丁目クリニック

Spot map
住所 宮城県仙台市若林区六丁の目南町8-10
電話番号 022-288-9006
診療時間午前
診療時間午後
診療時間その他
休診日
病床数
診療科目
内科
消化器科
整形外科
形成外科
医院
地図
URL
最寄駅
最寄りのバス停 六丁の目南町(90m) 六丁の目西町(280m) 六丁の目中町(0.4km)
注目

この病院を見た人は、以下の病院にも関心があります。

[ご注意] 診療時間・休日・診療科目等は変更されている事があります。受診される場合は、事前にホームページや電話で確認してから足をお運びください。

Detail kinrin title

「六丁目クリニック」を基点として

  • Qykut2sih6iek1

    厚生労働省のHPでは、代々木公園を訪れたことがない人でも、蚊に刺されてから3~7日程で高熱の他、頭痛、目の奥の痛み、関節痛などの症状がある場合には、早めに医療機関を受診して欲しいと呼び掛けています。

    身近なものとなったデング熱デング熱は、デングウイルスに感染したネッタイシマカ、ヒトスジシマカに刺されることによって感染する病気です。2014年8月に、海外渡航歴がない複数の人がデング熱に感染して...
  • Jv199 72a

    甘草は、中国北部などに生息するハーブ。漢方薬である芍薬甘草湯には、甘草と芍薬が含まれ、こむらがえり、筋肉の痙攣などに効果がありますが、長期間の服薬により偽性アルドステロン症を起こす可能性があります。

    薬や甘味料として利用される甘草甘草(かんぞう)は、中国北部、中央アジア、シベリアなどに生息するマメ科の植物。主に根を乾燥させ、煎じて使いますが、粉末にしたものには、砂糖の50倍以上の甘みがありな...
  • Jv199 72a

    「甘草(かんぞう)」とは聞きなれない名前ですが、実は漢方薬の7割に含まれている生薬なんです。また、そのほかにも甘味料としても活躍している甘草の特徴をまとめました。

    天然の甘味料甘草(かんぞう)は中国東北地方に生息するマメ科多年草ウラルカンゾウの根です。漢方に使う場合は、この根のコルク状になった皮をはがし、乾燥させたものを用います。その主成分はグリチルリチン...
ナース人材バンク
  • コンビニウォッチ
  • スマホ便利帳 @note
看護師求人
  • ナース人材バンク